2010年01月17日

<架空絵画契約>名古屋の画廊社員 顧客21人4千万円被害(毎日新聞)

 名古屋市東区の絵画販売会社「ニホン画廊」の顧客が、画廊社員の持ちかけた架空の絵画購入契約を結ぶなどした後、クレジット契約の債務を負う被害が相次いでいることが8日、分かった。被害対策弁護団が明らかにした。弁護団が把握している被害者は21人、被害額は4000万円に及ぶ。弁護団は他にも被害者がいるものとみて、14日に電話相談窓口を開く。

 弁護団によると、絵画購入後にキャンセルを申し出た客に対し、同社社員が「実績を作りたいので、架空契約を結んでほしい。支払いは当社が行う」ともちかけた。当初は客に金が振り込まれていたが次第になくなり債務が残った。同種の被害は22契約あるという。他にも一時的に預けた現金が返金されないケースなど、16契約の被害があるという。

 池田勝光社長(59)は「クレジット会社とは顧客への請求をやめるよう交渉している」と話している。相談窓口では、計16人の弁護士が14日午前10時から午後4時まで対応する。番号は052・223・2355。【山口知】

当時の機長ら書類送検=燃料補助ポンプを誤使用-小型機不時着・大阪府警(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選ルポ(上)市民二分「もううんざり」(産経新聞)
店長お手柄!カラーボール的中、コンビニ強盗未遂を逮捕(スポーツ報知)
<森繁さん震災詩>書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)
「参政権法案、必ずしも公約でない」平野長官(産経新聞)
posted by ビッグマウス at 00:01| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。