2010年01月20日

<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)

 阪神大震災(95年)の被災者らが住む兵庫県内の災害復興住宅で、1人暮らしの住民が「孤独死」したケースは09年1年間で前年より16人多い62人だったことが15日分かった。男性44人、女性18人で、大半が60代以上。復興住宅での孤独死は統計がある00年以降で計630人になった。対象は県内の復興住宅265カ所。県警の検視結果を基に毎日新聞が集計した。

 62人は44〜93歳。死因は病死51人▽事故死6人▽自殺5人。【内田幸一】

【関連ニュース】
森繁さん震災詩:書の作品に 教え子亡くした神戸の書家
防災:若者から思い募集…兵庫のNPO 震災15年迎え
ハイチ大地震:首都は震度7以上の激しい揺れ…震度を推計
震災予防協会:3月で活動休止 設立から69年、役割終え
阪神大震災:288のモニュメントを地図に CDで紹介

法制局長官に梶田氏(産経新聞)
長崎・漁船不明 海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
沈黙の民主・代議士会「今は発言しにくい」(読売新聞)
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず(産経新聞)
<地震調査>孤立集落対策進まず 内閣府(毎日新聞)
posted by ビッグマウス at 05:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。