2010年04月01日

戦時徴用者記録、韓国に提供=賃金未払い17万5千人、総額2億8千万円(時事通信)

 千葉景子法相は26日の閣議後の記者会見で、戦時中に日本企業で働かされ賃金が支払われないまま帰国した朝鮮半島出身の戦時徴用者に関する記録を韓国政府に提供すると発表した。韓国側の求めに応じたもので、法相は「情報提供で韓国内での(徴用者)への支援が円滑に進められると期待している」と述べた。
 法務省は、徴用者を雇っていた企業が各地の法務局に届けていた記録の取りまとめ作業を続けていた。その結果、賃金が未払いだったのは約17万5000人、未払い総額は当時の金額で約2億7800万円に上ったことが分かった。 

【関連ニュース】
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求

JR西、第三者機関で監視を=賠償交渉で遺族要求-福知山線事故(時事通信)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)
財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要-仙谷国家戦略相(時事通信)
<キャンパスアンケート>9割の学生が就職活動に不安(毎日新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
posted by ビッグマウス at 00:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。